みそを使った料理アラカルト

みそはわが国の食生活に欠かせないもの。そのため、地方によって家によって、多種多様の料理があるようです。

代表的な例をあげますと、

  • 肉・魚・野菜のみそ漬け
  • ごまみそ
  • ネギみそ
  • 石狩なべ
  • かきなべ
  • とん汁
  • 焼きもの
  • 煮もの
  • なべもの

にといろいろな利用方法がございます。

また、毎朝いただくみそ汁には、新鮮な四季の野菜は勿論ですが、ふきのとう、せり、みょうが、ゆず、三つ葉などちょっとした材料を添えることにより、新鮮な季節の香りがもたらされます。

みその栄養

みその原料はいうまでもなく大豆です。大豆はたんぱく質に富み、脂肪も多く、米をたくさん食べる日本人の栄養の偏りをなおすには絶好の栄養源として役立っています。

また、栄養のみならず血液を浄め、新陳代謝をうながし、消化吸収を助ける働きもします。日本にアメリカより心臓病が少ないのも、大豆を多く食べているからだといわれています。
みそは、健康増進や長寿に寄与する、いわば生命力の高い健康食品です。

みその醸造と手造りみそ

みその醸造
みその醸造は、原料の品質を選ぶことから始まり、米こうじの量加減、塩の多少、そして仕込みから熟成にいたるまで、いろいろな条件に左右されてあのどくとくの風味がかもしだされていきます。

特に、みそ蔵のおかれる自然風土は大切な条件となります。みそは〔芸術〕・・・といわれるのも、つくる人の熟練した心が通い、めぐまれた自然環境がそろってはじめて本当の風味がだせる、というみそ造りの微妙な点を表したものです。

手造りみそ
みそはやはりあの独特の風味が決め手。人口甘味料や着色料などが加えてあったのでは、せっかくの風味もだいなしです。
あくまで大自然に順応した醸造法の無添加みそでこそ、味も香りも生きるというものです。

新鮮な大気、水、日光によってはぐくまれて生まれる手造りみそこそ、本当のみそといえましょう。越後の手造りの豊かな自然によりはぐくまれているからです。

みその歴史

みそは古く中国が朝鮮から伝えられたものであろうといわれています。
しかし、中国のものは醤(ジャン)といい、わが国のみそとは造り方は共通していても、味などはかなり違ったようです。

わが国では、すでに6世紀ころにはみそはありふれたものになっており、平安朝の頃には市中で売られていました。

いま私たちが口にするみそも、この古くからの日本人のくらしと風土の中ではぐくまれてきた伝統ある食品なのです。

ウィキペディアで「味噌」について

みそとタバコの関係

おふくろの味・・・朝たちこめるみそ汁のにおいに代表されるようです。
実は、この毎朝一杯のみそ汁がタバコ喫みの方には、とても良いことをご存知ですか。みそが生命力の高い食品であることはいうまでもありません「生きたくば生きたものを・・・・・・」と言われています。

その他タバコのヤニを溶かして体外に流しだす働きもするのです。
このため、昔の女の方は「たばこを喫む主人のために、必ずみそ汁をおいしくのませてあげなければ」といったそうです。

みその特徴

  1. 生命力を大切にします
    原料の低温倉庫のあるのは、夏季温度が上がったり湿度が多くなると、大豆や米の生命力が落ちます。この大切な生命力を維持する為、温度は15度Cに保つようにしています。
  2. 米麹味噌は麹がきめて
    麹づくりは昔からの手づくりで手間、暇かけて、丹念につくりますから、味噌汁にするとくどくなく、さっぱりとしたものになり、甘酒を作れば大変甘く砂糖はいらないようになります。
  3. 煮すぎは風味をおとします
    無添加ですから煮干など充分ダシをとって下さい。煮干は頭と腹わたをとってから使って下さい。そのままですとだしをとっている間に味噌汁がにがくなる恐れがあります。

    具は5種類以上から海藻や旬の野菜など工夫して、健康食にして下さい。最後にお味噌を入れたら煮すぎないようにして下さい。適度にうすめても、のびのきく上品な味となり、減塩につながります。

おいしく召し上がるには

おいしく召し上がるには,鰹節、煮干などのだし汁に野菜などをいれます。別のボールにだし汁をとり、みそを入れてといてから鍋にあけるようにします。

みそ汁は一煮立ちしたところが一番おいしく、みそがとける程度ですぐお召し上がりください。みそは生きた自然食品です。保存には冷蔵庫や冷暗所におくようにお願い致します。