味噌NEWS

過去記事

携帯用QRコード



http://marukyumiso.com

紹介

<ごあいさつ>

丸久味噌株式会社は日本古来の伝統的食品である味噌の醸造をはじめて一世紀半、生命力ある健康第一主義をモットーにたゆまない研究と開発を続け、時代の消費者ニーズにマッチした製品をおとどけして参りました。
これひとえに皆様方の永年にわたるご愛顧の賜と衷心より感謝申し上げます。

この味噌汁が最近の減塩運動の最中にあっても多種類の具を入れる事により味噌汁即ち塩汁でなく健康食品であると関係各界はもとより、医学界からも再認識されるに及び当社はこの重要な健康食品の一端を担い益々本もの健康指向への未来をみつめて、積極的にご要請にこたえるべく尚一層の施設の拡充と技術の開発に心がけ、皆様のご期待に添う、香りと味をお届けすべく全従業員一同、渾身の努力を致す所存であります。

何卒倍旧のご支援ご引立を賜りますよう御願い申し上げます。

敬 白

<みそ・・・それは確かに祖先の叡智の結晶であり、最高の健康食品>

人間の適食は植物性食品が主であり、体は弱アルカリ性が理想です。従って自然食を重要視し、各人に適合した生命力の強い食物を消化能力に合わせて少食咀嚼を続けてゆけば、誰でも身体は快食、快眠、快便にになり且つやわらぎ、神経は落着き気分もおだやかになります。
然し現代人は過食勝ちであり、酸性食物が多くなり勝ちのの為、神経は落ち着かず、腹が立ちやすい上に元気がなく過剰な食愁に悩まされます。

これ等の弊害を除くには、ヨガの沖正弘先生、自然食品の森下敬一博士、そして味噌界に有名な秋月辰一郎病院長等、多くの世界的に有名な先生方はこぞって、一般に温帯に住む日本人には穀類と野菜、海藻が敵食でバランスがとれる。
更に味噌、醤油は日本食の特徴で発酵食品であり、特に味噌は生きている食物で酵素の働きによりたんぱく質は分解されているので消化吸収力が高まっており、酵素は更に他の食物の消化を助け、大豆の効果が其のまま最大限に生かされている最も手軽な健康食品であると。
又、ミネラルの宝庫である海藻や野菜を具にするのはバランス維持のための天の配剤と最大限のほめようです。言わば、私達の栄養源は食物です。
栄養の良し悪しは生命力の強弱を左右するほど実は重大な問題です。
食物の生命力、即ち人間の生命力であります。
私共は、明らかに食物の生命力を落とすと思われる着色料や漂白剤、その他あらゆる有害と思われる食品添加物を使用しない純良食品として、ひたすら健康への道をと考え念願しております。

<会社沿革>
  • 創業 嘉永3年
  • 株式会社設立 昭和28年12月
  • 資本金 40,000,000円